BLOG

2019.11.24タイムレスな子供の教育

プログラミング教育必修化の意義

授業の様子
皆様、こんにちは。代表の小林です。
本日は、小学校、中学校の義務教育でプログラミング教育が必修化されることの意義に関して私なりに書いてみたいと思います。

諸外国の動向


「子供の教育においてICTの導入が世界の潮流」でも書いたように、ICTを使った学習は世界の潮流となっており、更にコンピュータ・サイエンスを学ぶことが世界のトレンドになっています。この理由としては次に示すような理由からであると考えられます。

商業的な視点


今世界を席巻しているのは、GAFA (Google, Amazon, Facebook, Apple) などのIT企業です。ユニコーン企業と呼ばれている企業群もITを使った企業が名を連ねています。こういった中で、IT技術者が需要が高いというのは、どこの国でも同じ状況です。今後もこの傾向は続くと思います。

ICTリテラシの必要性


すでにインフラとして活用されている情報技術は今や生活に欠かせないものです。コンピュータやインターネットの仕組みを知らない状態で生きていくのは今後確実に難しくなっていきます。例えば、災害発生時にtwitterなどのSNSで情報発信することは当たり前のように行われていますし、Webページに災害情報を掲示することなども当然行われています。そのため、これらの情報にアクセスできる、できないが決定的な差になっていくということになります。災害などのときに情報が取れないというのは致命的なことになりかねません。このように必要な情報にアクセスするために、コンピュータやインターネットに対して正しい知識が必要なのです。またコンピュータで何ができるかを理解することで、新しい未来を切り開いていくための力になると考えられます。

プログラミング教育


プログラムを書くことを通じてコンピュータの仕組みを理解することが、プログラミング教育のゴールと言えると思います。誰もが知っているべき前提知識としてコンピュータが位置づけられ、地球が太陽の周りを回っているという天動説や、ニュートンの万有引力の法則のように、全員が知っているべき知識として位置づけられたのは大変意義深いと言えます。コンピュータを正しく理解し、いろいろなことに使えることを知ることで、新しい世の中を切り開いていく原動力になっていくと思います。さらには、新しい発想でものを作っていく創造性を育む教育としても期待できるため、正しく実施すれば新たな道を切り開く人材を多く世の中に供給できるようになると思います。私も微力ながら貢献できればと考えております。

 

INFORMATION無料体験会・ワークショップ・ご案内

     

秋の無料体験会

無料体験会を実施します。ぜひ一度ご体験ください!
     

タイムレスキッズスクール2019冬

     
冬休みのスクラッチを使ったワークショップを開催します。ぜひご参加ください。

プログラミング&ロボット教室 授業運営パッケージ

弊社で実施している授業を取り入れたい方々向けに提供しています。