スクラッチジュニアで始める5歳からのプログラミング:同時に動かす方法を理解する

Pocket

みなさま、こんにちは。いかがお過ごしでしょうか。
前回は、スクラッチジュニアの画面の説明や基本的なブロックの動かし方を説明しました。今回はその内容を発展させて、スタートの書き方や、同時に動かす方法について説明します。

みどりのはた

スクラッチでも同じなのですが、開始するときに使うのが「みどりのはた」です。黄色いブロックカテゴリのところを見ていただくとわかりますが、緑の旗のアイコンをしているものです。スタートさせるためのみどりのはたは、キャンパスエリアの右上のところにあります。これをタッチすることでみどりのはたにつながっているブロックの動作が始まります。

では、例として実際にみどりのはたにつなげて試してみましょう。前回、使った「みぎにいく」ブロックを使ってみます。あと、動作が終わったときに終了をつたえるための「あかいブロック」も使います。これは、ブロックをつなげて動作をして、おわったことをつたえるためのものです。また、この「みぎにいく」のブロックの次に「ジャンプする」ブロックをつなげてみましょう。実際にやってみていただければわかりますが、右に動いたあとにジャンプをしたかと思います。このように、ブロックをつなげていくことでプログラムを作ることができます。

同時に動かすことでなめらかな動きを作る

ところで、みどりのはたのブロックを2つ使ってみるとどうなるのでしょうか?先ほど「みぎにいく」と「ジャンプする」を2つつなげて一つのプログラムを作りましたが、これを2つに分けてつくってみましょう。動かしてみるとわかりますが、みどりのはたをタッチすると、「みぎにいく」ブロックと「ジャンプする」ブロックが同時に動いているのがわかると思います。動画には出ていますが、ジャンプしながら右に動いているかと思います。このように複数のブロックを同時に動かすことができます。

では、ジャンプの代わりに「うえにうごく」を使ってみるとどうでしょうか。ブロックを入れ替えて、動かしてみましょう。実際に見ていただくとわかりますが、ネコが斜め上に動いていくはずです。これも「みぎにいく」と「うえにいく」が同時に起こっているため、そのような動きになります。

キャラクタを追加する

では次に、もう一匹キャラクタを加えてみましょう。キャラクタを加えるためには、左のリストにあるプラスを押します。するとライブラリの中から好きなキャラクタを選ぶ画面になります。この例では、コウモリのキャラクタを選びます。コウモリがふらふらと飛んでいるような動きを作ってみましょう。コウモリが左から右に動きながら上に下に移動しつつ、ゆらゆら揺れている様子を表現してみましょう。

ここでは、3つの要素を考えます。一つ目は、みぎにいく。ふたつ目は、上に下に移動する、3つめはゆらゆら揺れるです。これがからみ合って同時に動くとコウモリらしい動きになるのではないかと考えました。では実際にやってみましょう。一つ目はすでに見ていただいている「みぎにいく」を使います。ふたつ目ですが、「うえにいく」と「したにいく」のブロックを交互に使ってみます。順番にならべて6個分作ってみました。そして、ゆらゆら揺れるですが、これは、かいてんするブロックを使ってみました。「みぎにまわる」「ひだりにまわる」をそれぞれ交互に使うことでゆらゆらを表現しています。では実際に動かしてみましょう。これは動画で見ていただくのがいいですが、コウモリらしく飛んでいるように見えたでしょうか。

同時に動かすことでいろいろな動きを作ることができるのがわかっていただけたでしょうか。今回紹介しているブロックで、動きを作る青色のブロックはほとんど説明したのですが、ひとつだけ、説明していないものがあります。それが、「もどる」というブロックです。これを使うと元の位置に戻してくれます。使ってみるとわかりますが、コウモリがふらふらと飛んでいったあとに元の位置に戻ることがわかると思います。

また、みどりのはたで同時にキャラクタが動いているのも確認できたと思います。先の例で作ったネコの動きとコウモリの動きが同時に動いています。こうすることでいろいろなキャラクタを動かして、プログラムを書くことができます。

まとめ

今回は、スタートの動きの作り方、同時に動かす方法、キャラクタを追加する方法、動きに関するブロックに関して説明しました。スクラッチに比べて機能は制限されていますが、それらしい動きを作ることができるのはわかっていただけたのではないでしょうか。次回はくりかえして動かす方法について説明します。

お楽しみに。


文京区小石川で小学生、中学生、高校生を対象としたプログラミング&ロボット教室を開校しています。スクラッチジュニアはエントリーコースで受講できます。ご興味ありましたらぜひお問い合わせください。

お問い合わせはこちら!

問い合わせをする

Pocket

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

  1. […] みなさま、こんにちは。いかがお過ごしでしょうか。前回は、並列処理を理解するというタイトルで書かせていただきました。今回は、プログラミングの考え方の中でも重要な内容の一 […]

トラックバック URL