BLOG

2021.01.09ブログ

オンラインプログラミング学習サービス / メンター型サービスのメリットとデメリット

こんにちは。タイムレスエデュケーションの山口です。

近年プログラミング学習に対する需要が高まり、オンライン上でプログラミングを学習することができるサービスが増えています。学校などで学習するのと異なり、基本自習形式になりますが、自分の生活スタイルに合わせて、空いている時間で学習できることが特徴です。現在普及しているプログラミング学習サービスは主に「メンター型」と「学習サイト型」に2つに分類されます。今回は「メンター型」のサービスの特徴について紹介させていただきます。

 

◆メンター型サービスの特徴


メンター型とは、受講者に担当のメンターがつき、様々なサポートを受けることができる学習サービスになります。基本的には、オンラインで決められた課題に自分で取り組む形式になります。チャットやビデオ通話を使用して課題を進める上での疑問点や質問に回答してもらうことができます。受講生に対して、担当のメンターがついているので、ほぼリアルタイムで疑問点の解消を行えるのが特徴です。また、メンターを常駐させた教室を保有し、無制限で利用可能なサービスなどがついている場合もあります。さらに、定期的に担当者との面談を行い、学習進捗の確認や学習計画の策定、モチベーション管理など様々なサポートを受けることができます。また、プランによっては、転職支援の担当者がつき、IT業界への転職をサポートしてくれる場合もあります。

 

◆メンター型サービスのメリット


上記にも記載した通り、豊富なサポートを受けることができる点です。課題でわからないところがあっても即時質問を行うことができるので、一人で悩む必要はありません。さらに、学習計画と進捗状況について管理してくれるメンターが存在するため、自習形式でありがちな、結局全然勉強しなかった、などという心配も無用です。

 

◆メンター型サービスのデメリット


メンター型のデメリットは受講料が高額な点です。十分なサービスを受けられる反面、サービスの受講料は高額で、最低でも15万円から20万円ほどはかかります。転職保証などがついているものだと総額50万円ほどかかるものもあります。そのため、資金があまりない若い世代の人などは、気軽に手が出せるものではありません。

◆まとめ


本日はメンター型のプログラミング学習サービスについて紹介させていただきました。十分なサポートを受けられるが受験料が高額であるということで、多少高額でも短期間で本気でプログラミングを学習したい人や、未経験からIT業界に転職したい人にとっては、良いサービスであると思います。次回は、学習サイト型のプログラミング学習サービスについて紹介させていただきます。

 

プログラミングを学ぶなら「ドクターコード」


ドクターコードはタイムレスエデュケーションが提供しているオンラインプログラミング学習サービスです。初めての方でもプログラミングの学習がいつでもできます。サイト内で質問は無制限にでき、添削問題もあります。ぜひお試しください。

ドクターコードに進む »

INFORMATION無料体験会・ワークショップ・ご案内

     

秋の無料体験会

無料体験会を実施します。ぜひ一度ご体験ください!

プログラミング&ロボット教室 授業運営パッケージ

弊社で実施している授業を取り入れたい方々向けに提供しています。
     

オンライン学習サイト「ドクターコード」

     
オンラインプログラミング学習サイトです。自分のペースで学習でき、添削や質問なども随時可能です。詳しくはこちらをどうぞ。