BLOG

2020.12.05ブログ

IT業界ってどんなところ?意外と知らないIT業界5分野

こんにちは。タイムレスエデュケーションの山口です。

近年のIT技術の進歩により、新しいITサービスが次々に生まれています。それに伴って、ITサービスを提供するIT業界は成長を続けており、IT業界に就職を希望する人も増えています。しかし、一口にIT業界と言っても、その範囲は非常に広く多岐に渡ります。同じIT業界でも、分野によって提供するサービスが大きく異なり、IT業界で働くためには、まず業界についてよく知っておく必要があります。IT業界は一般的に「インターネット・WEB業界」「通信業界」「ソフトウェア業界」「ハードウェア業界」「情報処理サービス業界」の五つに分野に分類されます。これらの分野は、企業ごとに明確に分かれているわけではなく、中には、一つの企業が複数分野の事業を展開している場合もあります。今回は上記の五つの分野について、紹介していきます。

 

◆インターネット・WEB業界


インターネット・WEB業界に分類されるのは、インターネットを通じてサービスを提供している企業です。インターネットやスマートフォンの普及に伴って、サービスの種類や数も増え、この業界に分類される企業は多岐に渡ります。一例で言うと、インターネット上で買い物ができるサービスを提供している企業やSNSを提供している企業、ソーシャルゲームを提供している企業などが当てはまります。

 

◆通信業界


通信業界に分類されるのは、電話回線やインターネットなど通信インフラに関わるサービスを提供している企業です。光回線などの固定通信を提供する企業や4Gや5Gなどの移動通信を提供する企業などが含まれます。通信技術はインターネットを利用したサービスの実現に必要不可欠な要素あり、IT成長を支える重要な業界であると言えます。

 

◆ソフトウェア業界


ソフトウェア業界に分類されるのは、主にOS(Operating System)やアプリケーションソフトウェアの制作に携わる企業です。代表的な例で言うと、業務で使用されるソフトウェアやセキュリティソフトウェア、バッケージ型のソフトウェアを開発、販売している企業などが当てはまります。

 

◆ハードウェア業界


ハードウェア業界に分類されるのは、PCやスマートフォン、電子回路や周辺機器などを提供している企業です。ITを活用する端末と言えば、PCやスマートフォン、タブレットなどが一般的でしたが、近年ではIoT(Internet of Things)が注目されており、世の中の様々なものがインターネットにつながる時代になりました。ハードウェア業界は、2020年を目処に年間成長率が下降傾向になるとの予測もありますが、IoT化の流れにより、再度注目が集まっている業界でもあります。

 

◆情報サービス業界


情報サービス業界に分類されるのは、情報システムの構築、運用に関連している企業です。生活や仕事で使用されている様々な情報システムの企画から運用までを担う業界です。企画から運用まで一貫して担当する企業や一部の工程のみ担当する企業が存在します。お客様が抱えている課題をITを使って解決する業界と言えます。情報サービス業界は慢性的な人材不足が問題になっており、未経験者採用に積極的な企業も多く存在します。

 

◆まとめ


今回は、IT業界の五つの分野について紹介させていただきました。IT業界の各分野についてご理解いただけたでしょうか。IT技術の進歩は凄まじく、次々に新しいサービスが生まれ、今後さらに新しい分野が生み出される可能性もあります。市場も成長傾向であり、IT需要の増加に伴って、慢性的なIT人材不足が問題になっています。現在日本では、ITスキルやプログラミングスキルを保有している人材が必要とされています。是非このタイミングで、プログラミングを学習し、成長を続けているIT業界への就職を目指してみてはいかがでしょうか。

 

プログラミングを学ぶなら「ドクターコード」


ドクターコードはタイムレスエデュケーションが提供しているオンラインプログラミング学習サービスです。初めての方でもプログラミングの学習がいつでもできます。サイト内で質問は無制限にでき、添削問題もあります。ぜひお試しください。

ドクターコードに進む »

INFORMATION無料体験会・ワークショップ・ご案内

     

春の無料体験会

無料体験会を実施します。ぜひ一度ご体験ください!

プログラミング&ロボット教室 授業運営パッケージ

弊社で実施している授業を取り入れたい方々向けに提供しています。
     

オンライン学習サイト「ドクターコード」

     
オンラインプログラミング学習サイトです。自分のペースで学習でき、添削や質問なども随時可能です。詳しくはこちらをどうぞ。