summer school 2017

アクティブラーニングで想像力を鍛えて未来のジョブズに
夏休みのプログラミングワークショップ参加者募集!!

参加者の98%が満足と回答した人気ワークショップ!!

AIに使われるのではなく、使いこなす人材に

小学校受験や中学校受験などで、いい学校に行って、いい大学をでれば将来安泰、というモデルがすでに崩壊しています。このような時代に、子供が将来どういう職業につくのか、そのためには何をしてあげると良いのか、親であれば、誰でも悩ましい問題だと思います。

そんなあなたとお子様にぜひオススメしたいのが、クリエイティブな素養を育てるプログラミング教室です。

もちろん、プログラミングでなくても、クリエイティブな素養を育てることはできます。ただ、プログラミングは、クリエイティブな素養を育てるために必要な、繰り返しものを作る(試作する)ことをやりやすく、また、論理的な思考も身につけられるため、注目されています。

今ある職業の約半分が人工知能(AI)に取って代わられる、そんな予想が研究者によって出されています。今の職業が10年後もあるかわからない時代において、クリエイティブな素養を身につけることは重要性を増していきます。イノベーションを起こせる創造力(クリエイティビティ)をもった人材は、どのような職業についても、活躍できるといえるのではないでしょうか。

今回は毎週通う教室ではなく、夏休みの特別企画としてワークショップを用意しました。 コンピュータを専門とした、元大学教員の実績のある講師によるワークショップで、プログラミングを通じてクリエイティブな経験を積むことができる貴重な機会です。普段は通うことができないお子様もご参加いただきやすくなっています。

ご希望のコースと日程をお選びいただき、申し込みフォームに記入の上、お申込ください。 なお、各日程の定員は8名です。定員に達した場合は、申込ができなくなりますので、お早めに、お申し込みください。

お客様の声

ワークショップにご参加いただいた方からの声をいくつかご紹介します。

自分で作れたことで自信をもてた(ロボットプログラミングコース受講)

「色々な仕組みとか、プログラムの書き方がわかり、難しかったけど楽しかった!」と、興奮しながら報告してくれました。 今回のスクールを通じ、自分で作れたことなどで自信をもてたようです。また、好きなことには積極的に取り込めたようで、成長を感じました。もっと色々とやってみたい!と、言っておりました。

2日ともイキイキと目を輝かせてました(ロボットプログラミングコース受講)

次の理由から、大満足でした。 ・2日間という短期で仕上げる ・設計図どおりではなく自分で作品を考える ・最後にプレゼンをする ・みんなと仲良くでき楽しかった ・人の作品も刺激になった 子供が「めちゃくちゃ楽しい!!また行きたい!」と2日ともイキイキと目を輝かせました。

みんなの前で発表&質問するということを訓練できて良い経験ができました(スクラッチコース受講)

4人に対して先生ひとりが指導してくださるので質問したいときに、すぐアドバイスいただけたりで濃い内容だったと思います。みんなの前で発表&質問するということを訓練できて良い経験ができました。

選べるコース

3種類のコースを用意しました。

お子様のご興味に合わせてお選びください。

A. Scratch コース

コードを書かずブロックを組み合わせることでプログラミングができる、ビジュアルプログラミング言語「スクラッチ」を使って、簡単なゲームの作成を行いながら、プログラミングの基礎を学びます。世界にひとつだけのオリジナルアプリを製作します。

対象:小学校1年生以上。

日程(いずれか一つをお選びください)

  1. 7月26日, 27日 10:00 – 16:00 (終了しました)
  2. 8月16日, 17日 10:00 – 16:00 (定員につき締め切りました)

参加費

2万6千円 (税別)

小学生の作品例

Scratch コースタイムスケジュール:初日

時間 内容
9:30 開場
10:00 – 10:15 イントロダクション(アイディア検討、アプリ開発の流れ) お互いに自己紹介
10:30 – 12:00 チュートリアル(アプリ開発の方法に関して)
12:00 – 13:00 お昼休憩
13:00 – 14:30 チュートリアル2(アプリ開発の方法に関して)
14:40 – 15:20 アイディア検討
15:20 – 15:30 チュートリアル3(プレゼンテーションに関して)
15:30 – 16:00 アイディア発表
初日終了  

Scratch コースタイムスケジュール:二日目

時間 内容
9:30 開場
10:00 – 10:10 昨日のおさらい
10:10 – 12:00 開発(適宜休憩を挟む)
12:00 – 13:00 お昼休憩
13:00 – 15:30 開発、プレゼンテーション作成(適宜休憩を挟む)
15:30 – 16:00 発表会。クロージング

B. ロボットプログラミングコース

ロボットプログラミングを体験するコースです。LEDやセンサー、モーターなどを使った基本的な機能の使い方の学習を行います。また、世界にただ一つの自分だけのオリジナルロボットの開発を行い、プレゼンテーションをしていただきます。

対象:小学校3年生以上。

日程

  1. 8月1日, 2日 10:00 – 16:00(受付終了)

参加費

2万6千円 (税別)(ロボットはお持ち帰りいただけません。ロボットを購入されたい方は、お申込みの際に特記事項にその旨をご記入ください。定価(アーテックロボティストベーシック:30186円)での販売をさせていただきます。)

小学生の作品

ロボットプログラミングコースタイムスケジュール:初日

時間 内容
9:30 開場
10:00 – 10:15 イントロダクション (アイディア検討、開発の流れ) お互いに自己紹介
10:15 – 12:00 チュートリアル (基本的な動作の理解) 途中適宜休憩を挟む
12:00 – 13:00 お昼休憩
13:00 – 15:30 チュートリアル2 (基本的な動作の理解) 途中適宜休憩を挟む
15:30 – 16:00 アイディア検討
初日終了  

ロボットプログラミングコースタイムスケジュール:二日目

時間 内容
9:30 開場
10:00 – 10:15 昨日のおさらい
10:15 – 12:00 開発(適宜休憩を挟む)
12:00 – 13:00 お昼休憩
13:00 – 13:15 チュートリアル3 (プレゼンテーションに関して)
13:15 – 15:00 開発、プレゼンテーション作成(適宜休憩を挟む)
15:00 – 16:00 発表会。クロージング

Python集中コース

Deep Learning などで話題のプログラミング言語「Python」を1から学ぶ集中講座です。プログラミングの知識のない方でも受講できます。プログラミングをする際に必要となる基本的な考え方を学びながら、理解を深めていきます。関数やクラスなど必要な知識を理解し、ゲーム制作を行います。

対象者:中学生以上

日程

  1. 8月21日, 22日, 23日 9:30 – 15:30 (9:15開場)

参加費

3万7千円(税別)

受講者の条件

コンピュータの使い方に関する基本的な知識はお持ちの方。 プログラミング未経験者でももちろんOKです。

準備するもの

  1. PC(Python の開発環境をインストールできるもの。Windows, Mac, Linux 等)貸出を希望の場合は、別途4000円(税別)申し受けます
  2. 筆記用具

例:インベーダーゲーム

ゲームの創世記を支えたインベーダーゲームがお手軽に自分で作れます!

python invader

コース概要

  1. Pythonとは?
  2. 変数
  3. 演算子
  4. リスト
  5. if 文
  6. Dictionary
  7. for 文、while 文
  8. 関数
  9. クラス
  10. ファイル入出力
  11. ゲーム制作

講師

講師:株式会社タイムレスエデュケーション 代表取締役 小林真輔

略歴: 2003 年大阪大学大学院基礎工学研究科で博士号取得(博士〔工学〕)。 2003年から東京大学大学院情報学環助手、2006年10月から5年間、東京大学大学院情報学環特任准教授として教育研究に従事。2012年3月 に中国浙江省の浙江大学の訪問学者として活動した後、2012年10月よりYRPユビキタス・ネットワーキング研究所研究開発部長として、IoT(Internet of Things)の研究開発や公共交通をはじめとした多くのデータをオープン化するオープン・イノベーションを推進。2016年4月より若年層からの教育に革命を起こすべく、株式会社タイムレスエデュケーションを設立。

shinsuke-kobayashi

お申し込みに関して

Webフォームからお申し込みください。折り返しスタッフからお支払いに関するご連絡をメールにて御連絡いたします。お振込みが終わりますとお手続きが完了いたします。お振込みは申し込み後、1週間以内もしくは参加日2日前のいずれか早い方にお願い致します。お振り込み完了後、当日の参加に関する情報などの詳細に関してお送りいたします。

お申し込み

募集は終了しました。ご参加頂いた方、ありがとうございました。次の機会もご検討ください。

他のワークショップを確認する